×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

むちうちの慰謝料請求、無料でご相談できます。

「むちうちかな?」と思ったら、まずは整形外科に行ってください

整骨院や接骨院など、ホームページをみているといろいろなところで「むちうちの慰謝料」や「後遺障害」などの文言を見かけますが、率直に言いますと、はじめから整形外科の医師に診てもらうことをお勧めいたします。理由を以下に記載します。

理由@ 整体・整骨・鍼灸院などでは、結局「診断書」が書けない!

整骨院や鍼灸院などには「柔道整復師」の有資格者がおり、確かに神経や筋肉に詳しいのですが、国家資格である医師免許を持っているわけではないため、医学的な診断書が出せないのです。後遺障害の認定には当然診断書が必要ですから、結局は整形外科に行かなくてはいけないのです。

理由A 整体院の施術などは原則治療費としての請求が認めてもらえない!

後遺障害の認定を受けた場合、慰謝料の他、治療にかかったお金なども賠償の対象となります。ただし、裁判所の基準により、鍼灸や整体などでの施術は「治療」には該当せず、原則として認められないことになっています。但し、あくまで「原則」ですので、例えば痛みがひどく、医師から勧められた場合などには、治療費として認められる場合もあります。

以上の理由から、まずは整形外科に行っていただくことを強くお勧めしております。

むちうちになってしまったら

整形外科での診断をうけ、「むちうち」とはのページで書いた症状に罹患していたら、被害に応じて慰謝料や治療費などを請求していくことになります。この段階で通常は弁護士などの専門家が介入し、相手方(保険会社)へ慰謝料の請求などの交渉を行います。しかし、むちうちは外見で判断することが難しいため、弁護士が介入して交渉を行っても、他の後遺障害と比べると、解決までに時間がかかってしまうことがあります。

それなら自分で・・・?

専門家が入っても時間がかかるなら、自分でやった方がいいや!
こう思われるかもしれません。しかし、ちょっと考えてみてください。
専門家が入って時間がかかる交渉を、自分で短期間で終わらせることができるでしょうか。
途中で面倒になって、諦めたりしないでしょうか。
むちうちは他の後遺障害と違い、慰謝料額等も比較的低額になりがちです。そのため、自分で交渉されるかたの大半が、話をこじらせた上で、結局途中で専門家に依頼するか、ひどい場合には妥協をし、諦めてしまうのです。

一人で悩まずにご相談下さい。

弁護士法人アルファ総合法律事務所では、むちうちの慰謝料請求など、交通事故に関するものであれば、1時間の無料相談を受けていただくことができます。委任される場合でも、費用特約のある保険にご加入でしたら、最大300万円までは費用を保険会社に負担してもらうことも可能ですし、案件によっては、そもそも着手金をゼロにして交渉に入ることも可能です。
一人で悩んでしまう前に、まずはご相談下さい。

むちうちの慰謝料請求、ご相談は無料。まずはこちらへ!

むちうちの慰謝料請求、お問い合わせ・ご予約はこちら